成年後見制度とは

私たちは生活の中で常に「契約を結ぶ」という行為を行っています。例えば、買い物をするのは「売買契約」ですし、他にも消費貸借契約や賃貸借契約など様々な契約を結びながら、社会生活や日常生活を送っています。契約を結ぶためには、自分の行為の結果がどのようなものになるのかを判断する「判断能力」が必要となりますが、この判断能力が不十分な場合は、不利益を被ってしまう場合があります。そうならないようにするための支援制度が成年後見制度です。

成年後見制度の種類

成年後見制度は大きく「法定後見制度」「任意後見制度」に分かれます。さらに法定後見には「補助」「保佐」「後見」の3類型があります。

成年後見制度