在留資格認定証明書

 海外に在住している外国人の方が観光目的以外で日本に入国するためには、在留資格認定証明書を取得して、日本に入国する事になります。

在留資格認定証明書とは、入国管理局が発行する証明書です。

例えば国際結婚の場合、日本人と結婚した外国人の方が「日本人の配偶者等」の在留資格の許可基準に適合しているかどうかを審査し、交付されるものです。

外国人配偶者自身が、この認定証明書を持参して、現地の日本大使館等へ行き、ビザの発給を受けます。

大使館での申請は、既に入国管理局での審査は終了している扱いとなりますので、ビザの発給はスムーズです。
ただし、在留資格認定証明書が交付されたからといって、確実に現地大使館でビザが発給されるという保証があるわけではありません。

在留資格認定証明書には、発行後90日間の有効期限があります。
ですので、この期間内に日本に入国する必要がありますのでご注意ください。